赤ちゃんのお風呂は週2回で十分!?息子のアトピーに悩んで回数を減らした結果。

SPONSORED LINK

こんにちは、1歳の男の子を絶賛育児中の蒼井礼子(@nomad_wife)です。

私は遺伝的に皮膚が弱い人が多く、
小学生の頃からじんましんなどの皮膚疾患に
悩まされてきました。

そして息子も私に似てしまったのか、
生後6ヶ月から乳児湿疹を発症

毎日きちんとステロイドを塗っても、
湿疹は治らないまま時間だけが過ぎてしまいました。

 

悪化すればアトピー性皮膚炎にもなる可能性があると
医師に言われて、何としても治そうと決意。

色々調べていくうちに、
毎日お風呂に入れているのが原因なのではないか
と考えるようになりました。
この記事では、息子のお風呂の回数を減らした理由と
その結果についてご紹介したいと思います。

 

※あくまでも私の息子のケースです。
同じことをして絶対治る保証はできませんので
ご了承ください。

1. 皮膚のバリア機能の低下がアトピーの発症に関係する

国立成育医療研究センターが2014年に発表した論文から、
保湿剤の使用とアトピー性皮膚炎の発症の関係性が
明らかになりました。

(出典:Kenta Horimukai,et al.J Allergy Clin Immunol.2014;134:824-30.)

大矢氏らは論文で、「新生児において毎日の保湿剤の使用が32週までのアトピー性皮膚炎や湿疹発症のリスクを減らすことが示された。さらに、これら症状の発症を防ぐことが、アレルギー感作の有病率を減らす可能性がある」と述べている。

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/news/14/111111/100600012/より抜粋

 

簡単に言うと

「毎日赤ちゃんに保湿剤を塗った方が、
塗らないよりもアトピーになりにくくなるよ!」

ってことです。

 

この論文を読んで感じたのは、
保湿剤を毎日塗るのは当たり前なんですけど

「そもそも毎日お風呂に入れて
 皮膚のバリア機能を下げてるのが原因なんじゃないの?」

と思いました。

 

子供の皮膚の厚さは大人の3分の1程度なので
外部刺激に弱いと言われています。

更に皮脂の分泌量も大人と比較して少ないため、
肌が乾燥しやすくなってしまう特徴もあります。

つまり赤ちゃんの肌は大人と比べて
お風呂のお湯・石鹸による刺激に弱いのです。

 

保湿も大事なんだけど、
もともと皮膚にある脂を落とさないようにするのも
大事なのではないかと考えたのです。

2. 同じことをイクメン皮膚科医が本にしていた

湿疹を治すにはお風呂を減らしたらいいんじゃないと思っていたら、
ほぼ同じことを皮膚科医が以下の本で書いていました。

この本は、男の育休のすべてと、赤ちゃんのスキンケアの鉄則がわかる
「育休」と「育肌」のハウツーブックです。「どうやって育休を願い出る?」から、
「湿疹も、アトピーも、実は洗いすぎが原因だった! 」までわかる、
現役皮膚科医だからこそ書けた本です。

後半の池田流ベビースキンケアでは、
「絶対にアトピーにさせない石けんなし入浴法」と、
赤ちゃんの肌を守る「週2~3回お風呂ルール」も詳しく紹介。
スキンケアの常識が変わる驚きケアの連続です。

※内容紹介より抜粋

現役皮膚科医もオススメなら心強い。
早速実践してみることにしました!

3. 実際にお風呂の回数を週2回に減らしてみた

実際に息子のお風呂の回数を減らしてみました。

ルールは以下の通りです。

・お風呂に入れる回数は週2回
・薬用入浴剤を入れる
・湯船の温度は38℃
・湯船に入る時間は5分以内
・石鹸は極力使わない
・お風呂から出たら全身に保湿剤を塗る

 

お風呂によって皮脂が落ちるのを極力防ぎ、
保湿剤でカバーするようにしました。

 

ただし夏場を汗を沢山かくので、
お風呂に入らない日は軽くシャワーを浴びさせて
保湿剤を塗るようにしました。

 

ちなみに石鹸は無添加で低刺激の「アラウベビー」を使いました。

 

入浴剤はカサカサ肌のトラブルを鎮める「ヨモギエキス」配合の
アトピタを使いました。

 

保湿剤は、入浴剤と同じく赤ちゃんの肌の保湿を重視した
アトピタを使いました。

お風呂の回数を減らした結果、
2週間程度で皮膚湿疹が劇的によくなりました。

現在は殆どステロイドを塗っていません。

もともと軽度の皮膚湿疹だったので、
悪化する前に皮膚のバリア機能を高められたのが
よかったのかもしれません。

あと子供をお風呂に入れる回数が減ったので、
単純に育児の負担が減りました(笑)

 まとめ

生後6ヶ月で皮膚疾患を発症した息子ですが、
お風呂の回数を減らすことで悪化を防ぐことができました。

赤ちゃんの皮膚のバリア機能は大人より弱いので、
お風呂の回数を減らすことは保湿剤選びと同じくらい
大事だと思います。

 

※我が家の息子に実践して上手くいったケースです。
繰り返しになりますが同じことをして治らなくても
責任は持てませんのでご了承ください。

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

蒼井礼子(あおい れいこ)

88年生まれ東大院卒フリーランスブロガー。 キャリアウーマン候補だったが、入社3年目に結婚し自由を求めて転職した後、フリーランスに転向。女・妻・母を楽しく生きる『ノマドワイフ』としての情報を発信しています。