【女性の転職】面接の服装は何を着る?メラビアンの法則を正しく理解しよう

SPONSORED LINK

こんにちは、入社3年目の夏に転職活動をして
4社から内定をもらった蒼井礼子(@nomad_wife)です。

女性が転職活動で採用面接を受ける時、
どんな服装がいいか悩む人は多いのではないでしょうか?

「外見の印象は9割」という言葉があるように、
面接での服装は合否にも関わる重要な部分です。

ここでは私が転職活動の面接を受けた際に、
実際にどんな服装にしたかご紹介します。

1. メラビアンの法則を正しく理解しよう

コミュニケーションで有名な法則の『メラビアンの法則』
というものを知っている人は多いのではないでしょうか。

これは相手にメッセージを伝える時に、
言語情報(Verbal)から7%、聴覚情報(Vocal)から38%、
視覚情報(Visual)から55%の影響を受けるという法則です。

ただしこれは話す内容と見た目が矛盾しているという、
かなり限定された状況下での法則となっています。

話の内容より見た目の方が大事だという事ではないので
間違った解釈をしないよう注意が必要です。

この内容が次第に一人歩きをし、この法則から「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という結論が導き出されると言う解釈が有名になっている。就職活動の面接対策セミナー、営業セミナー、自己啓発書、話し方教室などでこの解釈がよく用いられる。ただしこの実験は「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーション」において「メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った」場合、「メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という事を言っているに過ぎない。よって単に事実のみを伝えたり要望をしたりするコミュニケーションの場合には触れておらず、コミュニケーション全般においてこの法則が適用されると言うような解釈はメラビアン本人が提唱したものとは異なるものである。

Wikipediaより引用。

転職活動の面接の基本は話す内容です。

しかし話し方や服装の影響もかなり大きいのは事実です。

話す内容を磨いた上で、話し方や外見に力を入れれば
面接官に上手にアピールすることができます。

2. 新しいスーツを買う必要はない

では具体的にどんな服装で面接に臨むかですが、
いま持っているスーツから選べば十分です。

1着もスーツを持っていない人は買う必要がありますが、
わざわざ転職活動のためだけに購入する必要はありません。

新しいスーツだと着慣れない感じが出てしまい、
かえって逆効果になってしまう可能性があります。

無理をすると余計に力が入ってしまうので、
いつものスーツを着て面接に臨みましょう。

3. スーツの色は紺または黒

次にスーツの色ですが、紺または黒がおすすめです。

紺は日本人の肌に合う色とされており、
着こなすことができれば誠実な印象を与えることができます。

黒は落ち着いた印象を与えることができ、
最も無難で間違いがない色です。

またグレーのスーツは夏場に着る女性が多いですが、
紺や黒と比較するとカジュアルな印象を与えてしまうので
採用面接では避けた方がいいです。

私は採用面接前のカジュアル面接ではグレーのスーツ、
採用面接は黒または紺のスーツを着ていきました。

4. インナーはシンプルに

次にスーツの中に着るインナーですが、
シンプルなデザインのシャツやカットソーを着ましょう。

私のおすすめはのカットソーです。

白は清潔な印象を与える色ですので、
転職活動の面接でも相手に好印象を持ってもらえます。

ただし白のシャツだと黒のスーツと合わせた時に
新卒採用を受けた人に間違えられる可能性があるので、
紺かグレーのスーツと組み合わせるのをおすすめします。

5. リクルートスーツは新卒採用の女性が着るもの

転職活動の面接で、新卒採用の時に買ったリクルートスーツを
着るか悩んでいる人はいると思います。

私の意見ではリクルートスーツはNGです。

リクルートスーツは『新卒採用を受ける大学生』
が着るために作られたスーツです。

いかにもリクルートスーツだと相手に思わせるようなスーツでは、
面接官にたよりない印象だと思わる可能性が高いです。

自分の年齢や経験に見合うスーツを着るようにしましょう。

6. 予備のストッキングは必須

最後に女性ならではの注意点ですが、
かばんには予備のストッキングを常備するようにしましょう。

転職活動では複数の会社を移動することもあるので、
ストッキングが破れることは多いです。

次の会社のアポイントが迫っている時に、
ストッキングが破れてコンビニに駆け込んでたら
焦ってしまい余計なエネルギーを使ってしまいます。

まとめ

転職活動の面接での服装は、
清潔感と社会人らしさを出すのがポイントです。

無理にお金をかける必要はありませんが、
年齢に見合ったスーツを持っていない人は
購入するようにしましょう。

面接は話す内容だけではなく、外見も重要です。

万全の準備をした上で、
志望企業から内定をゲットしましょう。

キャリアアドバイザー無料相談のすすめ

転職活動をしたいけど、誰にも相談できなくて悩んでいる人はいませんか?

数年前の私がまさにそうだったのですが、同じ悩みを持っている人は
今すぐキャリアアドバイザーの無料相談を受けることをおすすめします。

キャリアアドバイザーに相談すると、現在の自分の市場価値や
自分の希望に合う転職先があるかどうか親身にアドバイスしてくれます。

私自身、入社3年目の春に無料相談をさせて頂いて
転職先の候補が10社以上あることを知り世界が変わりました。

おすすめは以下のエージェントです。

インテリジェンスの転職サービス【DODA】(デューダ)

私も転職活動の時に実際にお世話になりましたが、
キャリア相談から履歴書・採用面接まで親身になって
相談してくれました!

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

蒼井礼子(あおい れいこ)

88年生まれ東大院卒フリーランスブロガー。 キャリアウーマン候補だったが、入社3年目に結婚し自由を求めて転職した後、フリーランスに転向。女・妻・母を楽しく生きる『ノマドワイフ』としての情報を発信しています。