一切の悔いなし!フリーランス兼業主婦になったメリット9選

SPONSORED LINK

こんにちは。
フリーランス兼業主婦の蒼井礼子(@nomad_wife)です。

私は大学院を卒業してから約3年間働き、
現在はフリーランスとして働いています。

会社組織の人間からフリーランスになってよかったことを、
自分の経験からまとめてみました。

1. 電車通勤しなくていい

ある意味これが一番大きなメリットかもしれない。

私は結婚するまで、満員電車に乗って片道1時間半掛けて
都心のオフィスに通勤していました。

当時は慣れちゃってたけど、これ凄いストレス。

見知らぬ人と身体をくっつけ合って、
40分以上身動きできないんですよ。

朝から戦闘モードにならないと、やってけなかった。

私は電車に乗る度にアウシュビッツに連行される
ユダヤ人の姿が頭に浮かびました。

 

意思今ではパソコン1台で仕事が完結するので、
家から1歩も出なくでも問題なし。

おかげでかなり穏やかな性格になりました。

2. 仕事内容を自分で選べる

ベンチャー企業にも色々あるから一概には言えないけど、
私の場合は会社員時代に仕事は選べませんでした。

約3年いたけど、なぜか忙しい部署にばかり配属してて
終電帰りが1年間続いた時期もありました。

(しかも残業代は支給されないというブラックさ…)

会社員である限り、好きな部署になんて行けません。

 

一方フリーランスになったら自分がやりたい事だけを
仕事にできるので、精神的に楽になりました。

忙しくても自分が選んだ仕事なので、全然疲れない。

誰かにやらされているのか、自分の意思でやっているかで
大きく違うことに気付きました。

3.仕事量を自分で調整できる

私は現在、生後2か月の男の子を育てながら仕事をしてます。

フリーランスは仕事量をフレキシブルに調整できるので、
乳児を育てていても細く長く継続できます。

 

会社員だと産休+育休で半年~1年キャリアが止まるので、
私だったら仕事内容忘れちゃいます。

あと時短勤務をすると、どうしても簡単な仕事しかできず
サポート職で終わっちゃう女性も本当に多い。

かといってフルタイムで働きながら育児をするのは
相当体力がいるので、私はできません。

4. 好きな時間に仕事ができる

フリーランスは就業規定とかないので、
就業時間とかコアタイムなんてものはありません。

好きな時に、好きなだけ仕事をすることができます。

 

私の場合は朝9時~16時くらいまで仕事をして、
その後は自由気ままに過ごしています。

出産してからはまとまった時間がとれないので、
子供が寝た隙にカタカタやってます。

5. 好きな場所で仕事ができる

会社員だとオフィスで仕事をしなきゃいけないけど、
フリーランスは仕事する場所も自由です。

自宅でやろうが、カフェでやろうが
誰も何も言ってきません。

6. 好きな服装で仕事ができる

私が会社員の時は、オフィスに着ていく服を選ぶのが
苦痛で仕方がなかったです。

女性が多い職場だったので、ファッションチェックが
凄かったんですよね。

気にしなければいい話ですが、話題にされるのが嫌で
無意識に周りを気にしながら選んでました。

 

今では好きな服装で仕事ができるので、
やろうと思えば寝間着のままでも仕事ができます。

(さすがに着替えて仕事はしていますが…。)

 

あとフリーランスになってから一度もスーツを着てません。

当時はピシッとしたスーツは好きだったけど、
あれは真夏に着るものじゃないです。

もう二度とスーツを着ることはないでしょう。

7. 家事・育児と両立しやすい

仕事量を調整できるとやや被りますが、
フリーランスだと家事・育児と両立しやすいです。

家の中で仕事ができるので、
息抜きに家事をすることができるんですよ。

ちょっと疲れたら掃除機かけたり、
トイレ掃除したり子供とお散歩に行ったり…。

煮込み料理を作りながらでも仕事できます。

会社員時代は掃除は週末にしていたけど、
今では平日に完結することができています。

8. 余計な人間関係に悩まされない

アドラー心理学によると、人の悩みは
全て人間関係からきているそうです。

私が会社組織にいる時も、悩んでいたことは
仕事内容じゃなくて社内の人間関係でした。

会社員の時は上司にハンコひとつもらうのにも、
ご機嫌を確認しなきゃいけませんでした。

ホントに、仕事する上で無駄な時間だった…。

フリーになってからは一緒に仕事できる人も
選べるので、ストレスはほぼ0になりました。

9. 努力が収益に繋がる

会社員の場合、どんなに仕事を頑張っても
お給料に直結することはありません。

ボーナスが多少アップするかもしれませんが、
払った犠牲に対して納得できる額かは疑問です。

私は会社員のら時、毎日終電帰りを1年間したけど
ボーナスはたった10万円しか増えませんでした。

(繰り返しますが、残業代は支給されません!)

この時ほど、会社員をして虚しいと感じた
ことはありませんでした。

 

一方フリーランスは頑張れば頑張るほど、
収益を右肩上がりに伸ばすことができます。

正しい努力をすれば収益は青天井なので、
やりがいは大きいですね。

ただしフリーランスは完全に自己責任

メリットばかり述べてきましたが、
フリーランスは完全に自己責任の職業です。

会社に属していた時は気付かなかったけど、
当時は会社に守られていたんです。

有難かったと思っていますが、
一切後悔してません。

今は会社員時代よりも稼ぎは少ないけど、
幸福感は毎日常に感じられています。

フリーランスは誰も守ってくれませんが、
得られるものの方が大きいと思います。

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

蒼井礼子(あおい れいこ)

88年生まれ東大院卒フリーランスブロガー。 キャリアウーマン候補だったが、入社3年目に結婚し自由を求めて転職した後、フリーランスに転向。女・妻・母を楽しく生きる『ノマドワイフ』としての情報を発信しています。