【5分で終わる!】R1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで作る方法

SPONSORED LINK

こんにちは、ヨーグルトは毎日かかさずを食べている
蒼井礼子(@nomad_wife)です。

 

私は産後ダイエットを始めてから、
朝食はヨーグルトとシリアルを食べてます。

ヨーグルトは節約のために130円位で450gの安い物を買ってましたが、
せっかくなら健康のためにはR-1ヨーグルトを食べたい。

「じゃあ自分で作っちゃえばいいじゃん!」ということで、
ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを作ってみることにしました。

 

実際やってみるとたった5分で作業が完了する上に、
コスパもめちゃくちゃいいことが分かり感動です。

このページでは健康に優しいR1ヨーグルトを、
ヨーグルトメーカーで作る方法を紹介します。

 

ヨーグルトメーカーのコスパが最強過ぎる。

うちの近所のR1ヨーグルト(112g)を購入すると1個127円。
10個買ったら1,270円になります。

一方ヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルト(1000g)を量産した場合、
無行政牛乳247円+R-1ヨーグルト1個127円=374円。

だいたい同じ量のヨーグルトを手に入れるのに、
ヨーグルトメーカーを使うだけで約900円も差が出るのです!

 

我が家では毎日約200gのヨーグルトを消費するので、
1ヶ月あたりの消費量は200g×30日=6000gになります。

普通にR-1ヨーグルトを購入したら127円×60個=7,620円

ヨーグルトメーカーで作ったら374円×6=2,244円。

1ヶ月で5,376円、1年間だと64,512円の節約になるのです!

もはや手作りしない理由がないですね。

 今回使ったヨーグルトメーカー

さて今回使ったヨーグルトメーカーはこちらです。

『楽天ランキング1位』という信頼性と、
値段も4,980円と安過ぎず高すぎず。

 

※弊社では一番固まりやすく入手しやすい組み合わせとして、
明治のLG21やR-1のカップタイプのヨーグルトと明治のおいしい牛乳を推奨しています。

https://item.rakuten.co.jp/shibaden/ygt-4/より抜粋

 

R-1ヨーグルトを量産したいと思っている私のために
作られたに違いないのでこれに即決(笑)

ちょうど楽天ポイントが4000pたまっていたので、
私は980円だけ支払って購入しました。

実際に我が家に届いたヨーグルトメーカーはこんな感じ。

 

コンパクトでシンプルな外見なので、
他のキッチン家電と上手い具体に溶け込んでくれました。

このヨーグルトメーカーには
専用容器とスプーンがついています。

それと取扱説明書とレシピ冊子も同封されています。

ヨーグルト以外に甘酒や塩麴なんかも作れるそうです。
万能だなあ…。

では早速R1ヨーグルトを作っていきましょう。

1. ヨーグルトメーカーの器具を消毒する

ヨーグルトメーカーで手作りヨーグルトを作る時に最も大切なのが

専用容器とスプーンを
沸騰したお湯で器具を消毒すること!

これね!専用容器の蓋も忘れずに。

↓↓↓

理由は消毒しないままヨーグルトを作ると、
雑菌だらけのヨーグルトができてしまうからです。

ヨーグルトメーカーは乳酸菌を増殖させるために
40℃の温度を8時間維持します。

これで乳酸菌だけ増やせばいいのですが、
雑菌が混ざっている状態ではそいつらも増殖します

それ以外はテキトーにやっても大体うまくいくので、
消毒だけはしっかりやっておきましょう。

2. 無調整牛乳とR1ヨーグルトを混ぜる

まず無調整牛乳(今回はおい〇い牛乳)を900ml入れます。

容器には目盛りがあるので、それを見ながら入れましょう。

次にR1ヨーグルトを90g入れます。

専用の計量カップがあるので、それで量って入れましょう。

この作業は適当で大丈夫です。

専用のスプーンで、牛乳とヨーグルトを混ぜて蓋をします。

3. ヨーグルトメーカーにセットする

蓋をした専用容器をヨーグルトメーカーにセットし、
温度と時間を設定します。

40℃で

8時間と。

以上で仕込みは完了です。

ここまでの作業時間はたったの5分でしたww

4. 8時間待つ

あとはヨーグルトメーカが働いてくれるので、
ひたすら8時間待つだけです。

まだかな~まだかな~と、
ヨーグルトメーカーの周りをウロウロする私。

ヨーグルトメーカーには残り時間が表示されるので、
記念にカウントダウン撮影しました(笑)

5. 冷蔵庫で冷やす

8時間待ったら、R1ヨーグルトの完成です。


待ってました!

本当に固まっているのでしょうか??

おお、ちゃんと固まってるうううう!!!!

早速食べたいところですが、
出来立てのヨーグルトは40℃から出したばかりでぬるいので
冷蔵庫で冷やします。

私の場合は朝にヨーグルトに食べるので、
一晩冷蔵庫で冷やすことにしました。

実際に食べてみた感想

おはようございます。

待ちに待った手作りR-1ヨーグルトを食す朝がきました。
それでは早速食べてみましょう。

うん、普通に美味しい!(笑)

牛乳とヨーグルトを混ぜるだけだったのに、
こんなにしっかりしたヨーグルトが作れて嬉しかったです。

まとめ

ヨーグルトメーカーを使ったR-1ヨーグルトの作り方は、
作業時間がたった5分で終わるという超簡単な方法です。

また約300円のお金で1000gのR1ヨーグルトができるので、
コスパとしても最強の家電です。

ヨーグルトを毎日食べている人には
必須の家電と言ってもいいでしょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

蒼井礼子(あおい れいこ)

88年生まれ東大院卒フリーランスブロガー。 キャリアウーマン候補だったが、入社3年目に結婚し自由を求めて転職した後、フリーランスに転向。女・妻・母を楽しく生きる『ノマドワイフ』としての情報を発信しています。