【必ず質問される】転職活動の面接で100%聞かれる5つの質問

SPONSORED LINK

こんにちは、転職活動をして面接を受けた4社全てから
内定を頂いた蒼井礼子(@nomad_wife)です。

転職活動の面接をこれから受ける人が知りたいのは、
どんな質問をされるかではないでしょうか?

就職活動の時もそうだったと思いますが、
面接では絶対に聞かれる質問がいくつかあります。

その質問に上手く答えられないと、
準備不足だと判断され内定を貰うのは難しいです。

しかし逆を言えば、きちんと準備さえすれば
面接官に好印象を与えることができます。

ここでは転職活動で4社の面接を受けた私が、
全ての会社で聞かれた質問を5つ紹介します。

1. 転職活動をはじめたきっかけ

これは転職活動をする人がどんなきっかけで行動するか、
会社側が知るために聞く質問です。

会社に対する不満を持っていても、
『転職活動』という行動に移さない人間も多いです。

転職活動をしてまで環境を変えたいと思ったきっかけを、
面接官が納得できるように説明できればOKです。

といっても、この質問に対しては「上司が嫌いだから」
など本音が言えない人多いと思います。

その場合は、誰もが納得するきっかけを作ればいいのです。

私の場合は「結婚が決まったのでワークライフバランスを
両立できる環境で働きたいと思ったのがきっかけ」
と答えました。

2. 転職活動をする理由

きっかけと被る部分がありますが、
転職活動をする理由を論理的に説明できる人間か
確認するための質問です。

これは働くことに関して自分が考えている希望と、
現在の会社でのギャップを説明できればOKです。

私の場合は新卒で入社した会社は裁量労働制を導入していて、
社員の多くの残業時間が200時間を超えていても
会社側が改善することはないことを説明しました。

 

ここで重要なのは、個人として改善しようと努力したけど
このギャップを埋めることが難しいことを説明できるかです。

私の場合は仕事を効率化して残業時間を減らしても、
担当業務を増やされて結局残業時間は減らなかった
エピソードを話しました。

こう話すことで「結婚して家庭も大事にしたいけど、
働き続けていく意欲があるんだな。」という印象を
面接官に持ってもらうように意識しました。

3. 弊社を希望する理由

これは希望する会社のことをきちんと調べているか、
現在いる会社では埋められないギャップを満たせるかどうか
確認するための質問です。

私のが面接を受けた4社はワークライフバランスに力を入れていたので、
志望理由を話すのは簡単でした。

ただワークライフバランスだけだと「楽したいだけ」
と思われる可能性があったので、
面接を受けた会社が
強みにしている分野で
キャリアを積みたいことも話しました。

 

例えば英語に強みがある会社だったら、
「グローバルの仕事を担当してキャリアアップしたい」
といった感じのことを話しました。

ただしこう話したからには、
英語で仕事をすることができるのか聞かれる可能性が高いです。

英語が苦手な人がこんな事いっても説得力がないので、
自分をアピールできる方向に持って行けるように
話を展開していきましょう。

4. 弊社でどのようなキャリアを積みたいか

これは転職後のキャリアビジョンをきちんと考えている人か
確認する質問です。

興味がある分野の仕事があったら、
転職後にその部署に配属してもらいたいと
アピールするのがいいでしょう。

といっても、このキャリアビジョンは面接時点のものなので
入社してから変わってもOKです。

私自身は転職後は子育てをしながら仕事を続けるつもりでしたが、
たった6ヶ月で退職してしまいました(汗)

だいたいでいいので、5年後10年後はどう働いていたいか
面接官に納得してもらえるように説明しましょう。

5. 今まで苦労した事と、どうやって乗り越えたか

これはあなたが「仕事ができる人間かどうか」確かめる質問です。

上司から言われたことをするだけで、
自分から考えて行動しない人間に魅力は感じません。

仕事で困難に直面した時に、
自分で考えて行動できる人間なのか
説明できればOKです。

私の場合はプロジェクトの進捗が遅れている時に、
関連部署や社外の人とどう連携して仕事を進めていき、
結果として数ヶ月前倒しで仕事を進められたことを話しました。

まとめ

ここでは転職活動の面接で絶対に聞かれる
5つの質問を紹介しました。

この5つの質問対策をしっかりしていれば、
転職活動で内定をもらえる可能性は高いです。

「この人と一緒に働きたい」と面接官に思ってもらえるように、
働く意欲があって仕事ができる人間だということを
アピールしていきましょう。

キャリアアドバイザー無料相談のすすめ

転職活動をしたいけど、誰にも相談できなくて悩んでいる人はいませんか?

数年前の私がまさにそうだったのですが、同じ悩みを持っている人は
今すぐキャリアアドバイザーの無料相談を受けることをおすすめします。

キャリアアドバイザーに相談すると、現在の自分の市場価値や
自分の希望に合う転職先があるかどうか親身にアドバイスしてくれます。

私自身、入社3年目の春に無料相談をさせて頂いて
転職先の候補が10社以上あることを知り世界が変わりました。

おすすめは以下のエージェントです。

インテリジェンスの転職サービス【DODA】(デューダ)

私も転職活動の時に実際にお世話になりましたが、
キャリア相談から履歴書・採用面接まで親身になって
相談してくれました!

SPONSORED LINK

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

蒼井礼子(あおい れいこ)

88年生まれ東大院卒フリーランスブロガー。 キャリアウーマン候補だったが、入社3年目に結婚し自由を求めて転職した後、フリーランスに転向。女・妻・母を楽しく生きる『ノマドワイフ』としての情報を発信しています。